FC2ブログ

まさ太郎のひとりごと

不定期にひとりごと 写真などもちりばめて 話題も特に限定せず 長く続けばいいかなぁ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる・ざ・math?!

かれこれ、
大学を卒業して25年以上経ったかと。。。

縁というものは面白いもので、
あまり世間では認知度が無い、
「数学科」というところを卒業しました。

まあ、幸いにも、
4年で卒業できましたが、
はっきり言います。


ほとんど忘れちゃったよ(o_ _)o

つぶしもきかないし。。。


忘れたからって、
今の自分にとって、
それほど困ることは無いのですが、、、

もし、このままで死んだら、
天国 ( に行けたらいいけど ) に行った時、

「あれ、私って生きてる時、何してた???」

ってことにもなりかねません。

そこで、これから少しずつでも、
もう一度、基礎からやり直して、
人並み以上に、

「数学ちょっとやってました」

ぐらいのことは言えるように、
したいなあ、と思います。

この歳にもなれば、
計算遅いし、よく間違えるし、
脳の論理思考回路もボロボロだし。。。

ってことで、
脳の老化防止対策と
いう口実で始めます。

まあ、少しずつでも、
鍛えていって、
学生時代に戻ることは不可能でも、
あらためて数学の面白さを、
認識するまでに至りたいです。


黙ってるとなにも始めないと思うので、
とりあえず、ここにきっかけとして書いときます。

20130310-171935.jpg


三日坊主で終わんなきゃいいけどね~。


スポンサーサイト

久々に面白い本だった!

数学が苦手な私でも、
十分に感動できました!
20121201-183132.jpg

数学というよりも、
最先端を行く数学者たちの、
一般人ではわからない、
人間臭いところや、
数学を使わずに、
数学の奥深さと壮大さを
伝えてくれています。

この定理の証明には、
二人の日本人数学者が、
大きくかかわっています。

いやー、すごいねぇー。

この定理は20世紀の終盤に
証明はされましたが、
その証明そのものでさえも、
理解できる人はごく少数の
人たちでしょうね。

そんな中の一人になれたなあ。。。

絶対に無理だけど。


今日はフィボナッチ数列の日なんだって?!

11月23日5時8分13秒

ああ、なるほどね(笑)
厳密には先頭にゼロが付くけど(^_^;)


高々有限よ

2兆個だろうが2000兆個だろうが、
数学の世界ではせいぜい、

"高々有限"

だよ。

まだまだスケールが小さいね。

暗黒物質2兆個で初期宇宙 スパコン「京」成功

でもまあ、
計算機の世界では
すごいことなんだろう、
きっと。


ちょっと言いすぎました。

ごめんなさい。


数学なんてできなくても生きていける?!

数学 基本理解しない大学生も

この記事の中で、

問題は「偶数と奇数を足すと答えはどうなるか」で、
答えは「いつも必ず奇数になる」です。
これを証明するためには、
奇数が "2で割ると1余る"特徴があり、
数式を使ってどんな数字でも偶数と奇数を足すと
奇数になることを説明する必要があります。
正答とほぼ正答は33%で、
国立の難関大学の正答率が76%と高かった一方、
それ以外の大学では高いところでも35%で、
3%の私立大学もありました。

って言ってるんですけど、、、

"76%と高かった"

って、それって高いの?
24%は間違えてるんですけど(^_^;)

私なんて10年浪人しても
合格できないような東京の
超難関私大の女子大生が、
分数の足し算ができないってのを、
この前見かけたんですよね。。。

「通分」って何?って
マジ顔で聞いてくるレベル。

忘れてた、って言い訳は通じませんってば。

そりゃ、私だってそんな出来る
人間じゃあありませんけど、
こういった事情には、
マジでどん引きます。

日本の教育、マジやばい
って思ったのは私だけ???


本日は

かのアインシュタイン先生の命日です。

「特殊相対性理論(1905年)」及び
「一般相対性理論(1916年)」が有名ですが、

この理論が原子力発電やカーナビなどのGPS、
その他いろいろな場面に応用されています。

福島原発の事故が起こっているのを見て、
当の本人は何を思うや、です。

おまいらいい加減、
原子力を甘く見んなよ!!


商業主義に走りすぎて、
安全がおろそかになることが、
一番怖いですね。


また、第1回目のフィールズ賞を受賞した
L.V.アールフォルス先生の誕生日でもあります。
今夜の「たけしのコマ大数学科」で触れるかな?
見るかどうかわからないけど(^_^;)


アインシュタイン先生にしても、
アールフォルス先生にしても、
どんな思考回路してるんだろうか。

一生かかっても追いつけないな。

当たり前田のクラッカー(古っ!)。



マグニチュード

地震が発するエネルギーの大きさを E(単位:J)、
それに対するマグニチュードを M とする。

log E = 4.8 + 1.5M

ただし、ここでの log は、
常用対数(底 = 10)とする。

M が 1 増えると、
エネルギー E は、
およそ 31.6 倍となる。

M が 2 増えると、
エネルギー E は、
およそ 31.6 ×31.6 ≒ 900 倍となる。


数学科7つの大罪

twitterで

誰かが

つぶやいてるのを見て

苦笑い。

(1) 傲慢 「こんなの自明だろ」

(2) 嫉妬 「どうせ自明だろ」

(3) 怠惰 「自明だからもう証明とかいいだろ」

(4) 暴食 「自明だしどんどん先に進もうぜ」

(5) 強欲 「自明だといいなあ」

(6) 憤怒 「誰だ自明とか言ったやつ, 非自明だろ」

(7) 色欲 「何で彼女出来ないんだろ」「自明だろ」


f(x) = x^2 + x + 41 のすごさ

f(x) の x に、

x = 0, 1, 2, 3, ...

と代入していくと、
f(39)まで連続して
素数が続く。

X = 1 から 100 までで
f(x) が素数でないものは、
14個しかない。

レオンハルト・オイラー
(1707/4/15~1783/9/18)
が見つけた2次関数である。

(注)
x^2 とは、x を2回
かけることである。
x の2乗。


数学の特許その2

これも初耳だったのですが、数学でのいろいろな解法の中で、
ある制限、条件下での最大、最小を求める問題として
「線形計画法」というのがあるのですが、
なんとこの解法にも特許が認められているんだそうな。

もう何十年も前に、卒業単位欲しさに受けた講義の中で
習った気がするのですが、
そんなものにも特許かよ、って感じです。

やたらなんでも特許特許と葵の印篭を振りかざすようなのは、
なんだかなー、と思います。そのおかげで、その学問分野の
発展が阻害されるかもしれないのですから。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。